解決のために頼る

営業電話

業界のこれまでの流れ

弁護士は、私人間の紛争解決のための手助けをする職業です。扱う業務は、訴訟代理人となることや、私人の法律問題解決のための相談を受けることなどです。また、このような業務は独立して行う場合もあれば、企業や自治体に属しながら活動する場合もあります。 従来、弁護士の数は1万人前後で推移していましたが、司法制度改革により、合格者数が増えて、今では3万人前後の弁護士が存在します。かつては司法試験の合格率が一桁台で、合格する者は限られたエリートでしたが、現在は3割前後で推移しており、かつてほどは難関ではなくなっています。しかし、それでも法科大学院制度ができ、司法試験の前段階でふるい分けがなされていることを考えると、まだまだ難関資格であると言えます。したがって、数が増えたからと言って、弁護士の質が大きく下がったとは必ずしも言えません。

弁護士として生き残るためには

以上のように、弁護士の数は増えており、特に都市部では弁護士過多の状態であると言われています。したがって、かつてのように弁護士になったからと言って、無条件で高収入が期待できるとは限りません。それどころか、生活のための十分なお金を稼げない可能性もあります。そのため、今後は弁護士になってからも自分の活動領域を広げるため、今まで以上に法的知識の研鑚に努め自ら仕事を開拓し、生き残りをかけていく必要性が高いと言えます。そうした観点からみると、今後は地方で活躍する弁護士の数が増えていくのではないかと予測されます。というのも、都市部とは違い地方はまだまだ弁護士の数が足りていません。そのため、生き残りをかけて地方に目を向ける者が多くなると考えられるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加